• HOME
  • 石塚塗装代表ブログ

住宅塗装レポート68 小山市の住宅塗装

  • 投稿日:2017年 2月20日
  • テーマ:

今回のお住いは屋根に付いている温水器の撤去作業があります。本日はその撤去作業を行いました。

onsuiki1.JPG


近くで見ると、結構大きいです。
onsuiki2.JPG




さて、今回は建物の1階と2階の中間部分(下写真の赤で囲った部分)に横ラインを入れる(ここだけアクセントの意味で外壁の色を変える)ので、正直ちょっと手間ではありますがシーリングの色もその仕上げの色に合わせて2色に分けて施工しました。
シール色分け.JPG

シーリング材の色を仕上げの塗料の色に合わせる理由は下記の通りです。

シーリング材はゴムのように柔らかい素材です。その上に硬い(弾力性のない)塗料が塗られますと、後々そのシーリング材の上に塗った部分だけ、塗膜がパリっとひび割れやすくなります。(あくまでも表面の塗膜層のひび割れであって、シーリング材そのものがひび割れるわけではありませんので、防水上特に問題はありません。)これを完全に防止する方法は残念ながらありません。
ゴムのように柔らかい性質の塗料もあるのはあり、そのような塗料を塗ることもひび割れ防止策の一つですが、そのような塗料よりも更にシーリング材の方がよく伸びますので、それで完全に塗膜がひび割れないとまでは断言できません。

例えば、白いシーリング材を施工した上に黒い塗装をしたとします。
この場合、シーリングの上に塗った塗膜が後でひび割れた場合、下の白いシーリング材が見えて、結構目立ってしまいます。シーリング材の上の部分の塗膜は「100%ひび割れる!」とまでは申し上げませんが、その可能性が結構有る以上、念には念を入れて、ひび割れた時になるべく目立たないようにするために、仕上塗料の色に合わせたシーリング材を施工させていただくことにしています。
万一、シーリングの上に塗った塗膜がひび割れても、下のシーリング材が同じような色ならば目立ちにくくなります。

ということで、シーリング材の施工に関するひと工夫でした。
(シーリング材は塗装工事完了してしまうとほとんど隠れて見えなくなってしまいます。でも、出来ること、やるべきことはきちんとやることにしています。)

さて、明後日はいよいよ水洗いです。

住宅塗装レポート67 小山市の住宅塗装

  • 投稿日:2017年 2月19日
  • テーマ:

こちらは小山市内の住宅です。

足場を掛けたところです。
ashiba.JPG


今回は屋根の勾配が急でしたので、「屋根足場」も必要になりました。

170218ashiba.JPG


外壁の種類は窯業系サイディングです。
サイディング目地及び窓やドアなどのサッシュ廻りのシーリング工事も行いました。
170218sealing1.JPG

170218sealing1.JPG.JP


屋根の上の温水器は、塗装前に撤去する予定です。
170218onsuiki.JPG

今回の屋根瓦ですが、塗装に注意が必要な「モニエル瓦」です。
この瓦に関しては、過去にブログで取り上げたかどうか忘れてしまいましたので、改めて書きたいと思います。
詳しくは、実際に工事を進めながら説明したいと思いますので、今回は概要のみ簡単に説明します。

まず、モニエル瓦はセメント瓦の一種です。似たような瓦がほかにもありますが、よく見ると見分けがつきます。
下の写真の「乾式洋瓦」のほうです。
monieru.jpg
(出典:水谷ペイント㈱ 屋根用塗料 施工マニュアルより)

塗装上の注意点
瓦本体の上にコーティングしてある表面の「スラリー層」という着色層(工場で着色される。)は経年劣化でかなり弱くなる(はがれやすくなる)ので、この層を残したまま塗装をすると、この層もろとも塗料がはがれます。どんなに良い塗料を塗っても下地がグズグズならば簡単に剥がれます。

正しい塗装方法
塗装前の高圧水洗浄などで、とにかくこの弱い表面の「スラリー層」をきれいに取り除きます。ここが最大のポイントです。
そのうえで、モニエル瓦に適した塗装仕様でしっかりと塗装をします。(スラリー層が除去された瓦表面はかなりパサついていますので、特に下塗りはモニエル瓦に適した下塗り材を、屋根を流れ落ちるくらいにたっぷり塗ります。少量しか塗らないと、せっかく塗った下塗り材が瓦本体に染み込んで吸われてしまいます。これも後々塗替え塗膜のはがれの原因になります。)

ほとんどの塗装業者さんはこのようなことは理解していると思いますが、念のためお住いがモニエル瓦で塗り替えをご検討中の方は見積もりを取った業者さんにモニエル瓦はどんな塗料でどんな施工をするのかよく確認してみて下さい。




住宅塗装レポート65 小山市の住宅塗装

  • 投稿日:2017年 2月18日
  • テーマ:

さて、小山市内の住宅は昨日完了検査でした。お施主様と一緒に施工の出来具合を見て回りました。
お施主様に「ずいぶん丁寧に(塗装を)やるんですねぇ~」とお褒めの言葉をいただきました。大変喜んでいただきました。
特に問題はありませんでしたので、あとは足場を解体してすべて完了となります。

ということで、次回からは小山市内の別のお住いの塗装工事状況をレポート致します。




ちなみに下の写真は先日アップ出来なかったベランダ防水の写真(ビフォアアフター)です。

ベランダ床面 FRP防水(施工前)
RIMG0024.JPG


ベランダ床面 FRP防水(施工後その1)
ベランダ床面FRP防水完了 (1).JPG


ベランダ床面 FRP防水(施工後その2)
ベランダ床面FRP防水完了 (2).JPG

これで、ベランダ廻りの防水もバッチリ。雨漏りの心配がなくなりました。




前の記事 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14
外壁塗装 プロタイムズ 小山市
外壁塗装 小山市 プロタイムズ
プロタイムズ 外壁塗装 小山市
  • プロタイムズ 小山市 外壁塗装
  • 小山市 プロタイムズ 外壁塗装