建物劣化診断 シーリング材 こんな状態では防水性能がありません!

  • 投稿日:2024年 4月18日
  • テーマ:


こちらは某所のアパート。
目地のシーリング材が完全に劣化している状態です。
シーリング材の劣化2.jpg

シーリング材の劣化.jpg

建物全体がこのような状況です。


今回は既存のシーリング材を一旦全て撤去します。
シーリング材の撤去2.jpg


撤去したシーリング材を触ってみると、中がべたべたしています。
完全に「硬化不良」です。
2液型のシーリング材の混合比が適切でなかったか、あるいは攪拌不足だったか・・・この2つが硬化不良が起こる大半の原因です。
シーリング材の硬化不良.JPG


シーリング材の硬化不良2.JPG

硬化不良のシーリング材は防水の役目を果たせず、漏水の原因になります。

劣化診断をしていると、本当にたまにですが硬化不良のシーリング材があります。触ってみてシーリング材の表面がベタベタしていて、尚且つ指で押すとグニャッとへこんで元に戻らない場合はほぼ硬化不良とみて間違いないでしょう。このような場合は新しいシーリング材に交換するしかありません。

新たにシーリングを詰め直します。今回はベージュ系の仕上がりになりますので、それに近い色のシーリング材を選定、施工しています。
シーリング材打替え後.JPG
外壁塗装 プロタイムズ 小山市