• HOME
  • 石塚塗装代表ブログ

住宅塗装レポート79 野木町の住宅塗装

  • 投稿日:2017年 4月 3日
  • テーマ:

さてこちらは野木町の住宅です。
傷んだ幕板はすでに新品が取付済みです。
新規幕板取付完了 (1).JPG

既存も新規も幕板の上面には漏水防止の為にシーリングをたっぷりしかも水がたまりにくいように三角に施工いたしました。
幕板上端シーリング施工.JPG

ちなみに今回のこのお宅は、軒天井がかなり痛んでいましたので、すべて新しく貼り替えています。
軒天張替 (20).JPG

撤去後傷んだ部分は下地から作り直して、(補強して)新しくケイカル板を貼りなおしました。
軒天張替 (6).JPG


余談ですが・・
前回幕板は表面だけ茶色に塗られていました。こんな感じでした。
古澤様邸幕板の仕上方法.jpg
理由は・・・・・おそらく、というか間違いなく、その方が塗るのが「楽ちんだし早い」からです。
なにせ壁と同じ色(しかも同じ材料)で塗りこむだけですので。
でも、こんな感じで塗ると幕板の立体感がなく、薄っぺらい感じの仕上がりになってしまいます。
ちょっとしたことですが、はっきり言って業者にとっては手間の省きどころです。


弊社ではいつもこのように塗ります。これならば、立体感もあり、アクセントとしての幕板の存在感も出ます。もちろん壁は壁材、幕板は壁と別の幕板の部材に適した塗料を使用致します。正直、上のやり方と比べると倍以上めちゃくちゃ手間がかかりまが、その方がずっと長持ちしますし、見た目もすごくかっこよくなります。
古澤様邸幕板の仕上方法2.jpg


こういうことはあまり気にならないですか?もしかしたらこんな細かい事はどうでもいいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんしそれを否定するつもりはございません。ただ私はすご~く気になります。もしかしたら職業病なのかもしれません。

住宅塗装はいつも品質が重要ということを主張していますがそれと同様に、見た目や仕上がり具合ももちろん大切であると考えています。「お客様の目につく部分だけきれい風、丁寧風」ではなくて本当にきれいに、丁寧に仕上げることは結局は塗装の「品質」にもつながっていくのだと思います。

そして、そのことは私だけでなく弊社の現場の職人全員がしっかりと意識しながら仕事をしています。実際に作業する人間が塗装工事を単なる「塗る作業」としてとらえるのか、「長持ちキレイ」の為の仕事としてとらえるのか、この意識持ち方の差は結果に大きな違いをもたらします。もちろん後者の職人の方が圧倒的に良い仕事をします。

住宅塗装レポート78 野木町の住宅塗装

  • 投稿日:2017年 3月31日
  • テーマ:

こちらは現在塗装工事進行中の住宅です。

壁にくっついている「幕板」ですが、高圧水洗浄によって弱くなった部分が削り取れてしまいました。
経年劣化で、素材自体が痛んでいたようです。
痛んだ部分はベランダ手摺壁廻りだけでしたので、ここの部分だけ塗装ではなく貼り替えることにしました。
帯撤去前 (2).JPG

すでに弱っていたようで、高圧水洗浄で表面が荒れてしまいました。
帯撤去前 (3).JPG


幕板を撤去したところ
帯撤去後 (2).JPG

このような幕板は通常裏面は無塗装です。何の保護もされていませんので、塗装されている面に比べ、水分の影響を受けやすくなります。(吸水しやすい)裏面から水分を吸収すると幕板自体が腐食します。
ですので、下の写真のように、この赤線の部分(幕板の上面と壁面の取り合い部分)にたっぷりシーリングを塗ることにより壁伝いに幕板裏面への雨水の侵入を予防する処理が重要です。しかし、多く住宅を見てきましたが、ほとんどの場合(少なくとも新築時には)、十分なシールがなされていません。よって、このような場合10年以上経過した住宅では、ほとんどのケースでシーリングが劣化し、その役目を果たせていません。(※幕板は止め釘周りなどからも水が侵入する場合があります。)
帯撤去前 (2) - コピー.JPG


撤去した幕板の裏面状況
このように素地むき出しの状況になっています。
板幅の1/3程度に雨染み跡がうっすら見られます。
撤去した幕板の様子 (7).JPG





住宅塗装レポート77 小山市内住宅塗装

  • 投稿日:2017年 3月27日
  • テーマ:

小山市内の住宅です。
こちらはすでに完了しました。

施工前の状況
施工前状況3.27.JPG


施工後の状況
施工完了3.27.JPG

屋根は金属屋根材(ガルバリウム鋼板)で、現状ほぼ劣化が無かった為、まだしばらく大丈夫と判断し、塗装のご提案はしませんでした。ただ、一部、棟換気口のトタン部分だけ(長さ1M程度×2箇所)錆が進行していましたので、その部分だけは塗装をさせていただきました。

今回の物件は、事前の劣化診断で一部サイディングが浮いている(釘が効いていない)ところが見られました。この部分は以前雨漏りがあり、他の業者さんがシーリングで補修をして、取り敢えず雨漏りは止まったようです。(このような箇所が2カ所)

しかし、サイディングの浮きそのものは直っていませんでしたので、その意味では残念ながらあまり「根本的な治療」ではなかったように思います。シーリングが少しでも切れたらまた雨漏りする可能性があります。

ということで、ただ塗装して終わりではなく、サイディングの止め釘が効いていない箇所は、止めビスが効く部分を何とか数カ所探し当てて、サイディングの浮きをしっかりと直してから塗装工事をさせていただきました。これで安心です。

前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装 プロタイムズ 小山市
外壁塗装 小山市 プロタイムズ
プロタイムズ 外壁塗装 小山市
  • プロタイムズ 小山市 外壁塗装
  • 小山市 プロタイムズ 外壁塗装