• HOME
  • 石塚塗装代表ブログ

住宅塗装レポート87 小山市の住宅塗装

  • 投稿日:2017年 6月 3日
  • テーマ:

さて本日は、これから塗装が始まる現場に足場仮設の下見に来ました。
ぐるっと一周廻ってみると、北面にハチの巣が2つ。一つは以前からある古いもので、蜂はいません。
作業前に取り除きます。
RIMG0041.JPG

もう一つは、数日前に来たときはなかったので、ここ数日でできた巣。
しかもスズメバチの巣。しかしまだ初期の巣です。

こんなやつです。(びびって写真を撮りわすれました。)
下写真は本現場の物ではありません。
001.jpg
(出典:さいたま市ホームページより)

まだ初期段階で小さいので、メルメットその他で防護して専用の殺虫スプレーで自分で駆除。
幸いなことにたまたま蜂は中にはいませんでした。これはその実際の破片です。
小さいとはいえスズメバチの巣なので怖いです。
hachinosu.JPG


じつは私の家にもスズメバチの巣が出来ていて先日駆除したばかりなので、ここ半月で2つ目の駆除です。
私の家の場合は、以前2回巣が出来て2回業者さんに駆除してもらった、まさにその場所にまたまた作られました。
同じ場所に3回目です。ということでさすがにこの場所はこまめにチェックしておいたので早期に発見。巣の大きさも小さかったため、何とか自力で駆除出来ました。
※ちなみに私が依頼した業者さんは巣の大きさに限らずスズメバチの巣は「1個一律いくら」の値段設定でした。(確か1個¥30,000くらいの料金だったと思います・・・・・非常~に痛い出費!・・・でももう巣が大きくなってしまったのでとても自分では駆除できませんでした。)

スズメバチは春先にまず女王蜂が一匹で巣を作り始めます。これがちょうど5~6月頃です。
この初期段階の、上の写真程度のヒョウタンを逆さにしたような形の小さな巣であれば、比較的簡単に駆除できるのですが、たまたま気づかずにいると、あっという間に働き蜂が卵からかえって成長して、巣がどんどん大きくなってしまいます。
なので、特に今頃の時期は自分の家の周りや庭に蜂が飛んでいたら、軒裏などに巣ができ始めていないかをこまめにチェックしておいた方が良いでしょう。(もちろん刺されないように注意してください!)

でも、駆除は危険ですので無理はせずに業者さんにお任せした方が良いと思います。

住宅塗装レポート86 下野市と佐野市の住宅塗装

  • 投稿日:2017年 5月30日
  • テーマ:

まずは下野市の住宅

こちらはすでに完了済みです(アップが遅くなりました)。
s-s完成.JPG

今回は屋根の塗装と外壁のシーリングのみの工事です。
s-sシール完了 (3).JPG
s-sシール完了 (2).JPG
s-sシール完了 (1).JPG

上の3枚はそれぞれ、窓サッシ廻り、1~2階の中間幕板のジョイント部分、外壁サイディング目地部分
です。今回は外壁塗装はしませんので、それぞれの部位でシーリングの色を変えています(写真ではわかりにくいですが)。

ちなみにこちらが屋根の塗装後の様子です。
屋根塗装完了 (3).JPG

もちろん漏水防止のタスペーサーもダブルで挿入済みです。
この現場から、タスペーサーは最新改良型の01タイプを使用しています。
屋根タスペーサー挿入完了.JPG

最後にエアコンホースのテープが傷んでいましたので、無償で新規に巻き直しをさせていただきました。
エアコンホースまき直し完了.JPG




続きましては、佐野の住宅です。
平屋建ての住宅です。屋根は和瓦の為塗装はしません。
写真白部分は下塗り部分、クリーム部分は中塗り部分
下塗り・中塗り (1).JPG

下塗りには「微弾性フィラー」と言われる、弾力があり耐ひび割れ性が有るヨーグルトのようなドロッとした材料をたっぷり塗り付けます。
仕上げ塗料(2回目と3回目に塗る塗料)はプラチナECコート5000EXです。
この塗料は600%もの伸縮性が有り、期待耐用年数も18年程度とかなり長寿命なひび割れに強い防水塗料です。今回はALC外壁材でしたので、下塗材・仕上げ材共に特にひび割れに強い仕様にさせていただきました。この仕様ですと、弊社では外壁10年保証となります。(弊社と全国組織プロタイムズの本部のダブル保証が付きます。)

住宅塗装レポート85 下野市の住宅塗装

  • 投稿日:2017年 5月17日
  • テーマ:

さて、こちらは下野市の住宅塗装です。
今回は屋根塗装とサイディング目地その他シーリングの打替え工事です。
(塗装の状況)
足場仮設の状況
S‐S足場 (3).JPG

高圧水洗浄の様子
今回は屋根の勾配が急でしたので、作業の安全の為、屋根にも足場が必要になりました。
S‐S高圧洗浄 (9).JPG


屋根下塗りの状況
使用塗料:サーモテックシーラー(アステックペイント)
※赤外線を反射し、遮熱上塗材との併用により、遮熱効果をアップ。
S-S屋根下塗り.JPG


タスペーサー挿入
タスペーサーはダブル工法(化粧スレート瓦1枚に付き2個挿入)が基本です。
S-Sタスペーサー設置.JPG


中塗り:スーパーシャネツサーモSi
※特殊無機顔料の使用により高い遮熱性を実現。
S‐S屋根中塗り.JPG


上塗り:スーパーシャネツサーモSi
S‐S仕上げ.JPG



(シーリング工事)
シーリング打替え中
S‐Sシーリング工事中.JPG

シーリングの様子(一部ひび割れ補修後あり)
S‐Sシーリング施工後.JPG


本日お施主様同席での完了検査が無事終わり、明日足場解体予定です。



前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
外壁塗装 プロタイムズ 小山市
外壁塗装 小山市 プロタイムズ
プロタイムズ 外壁塗装 小山市
  • プロタイムズ 小山市 外壁塗装
  • 小山市 プロタイムズ 外壁塗装