住宅塗装レポート75 小山市内の住宅塗装

  • 投稿日:2017年 3月15日
  • テーマ:


さて、こちらは新しく始まりました小山市内の住宅ですが、屋上は折板屋根で、廻りの板金(笠木部材)が、1枚(長さ1800㎜程度)だけ風で吹き飛んでしまったとの事。屋根に上がり、状況を詳しく診断したところ、吹き飛んだ部分の下地木板はすでに腐っていました。念のため他のところの笠木部材も外して診察しましたが、下地の木板はやはり同じくらい傷んでいました。
kasagirekka2.JPG

kasagirekka1.jpg

下地の木板の状況です。すでに腐ってボロボロです。
kasagihoshuu (3).JPG


笠木が吹き飛んでしまった原因を特定し、飛ばないように新しく笠木を付け直すことにしました。
まずは下地の木板から交換します。こんな感じで、下地から全部作り直します。
kasagihoshuu (2).JPG

kasagihoshuu (1).JPG
今度は、笠木部材が吹き飛びにくいような方法でビス止めします。


この続きは後日アップいたします。
外壁塗装 プロタイムズ 小山市
外壁塗装 小山市 プロタイムズ
プロタイムズ 外壁塗装 小山市
  • プロタイムズ 小山市 外壁塗装
  • 小山市 プロタイムズ 外壁塗装